【フォンテーヌの森】ビラコテージ宿泊体験レビュー【茨城県つくば市オートキャンプ場】

都心からアクセスの良い、茨城県つくば市にあるオートキャンプ場のフォンテーヌの森のビラコテージに家族4人で1泊2日してきました。

フォンテーヌの森は通常のキャンプサイト、ログキャビン、コテージの3種類のキャンプサイトがあります。

本記事でご紹介するビラコテージは、キッチン、トイレ、お風呂などの施設が揃ったファミリーまたはキャンプ道具が揃っていない初心者の方にオススメのコテージのサイトです。

本記事を読めば、フォンテーヌの森のビラコテージの室内と室外の設備と家具/家電をご理解頂けます。宿泊の際のご参考にしてください。

目次

フォンテーヌの森の概要

フォンテーヌの森の受付

まずはフォンテーヌの森について簡単に説明します。フォンテーヌの森は茨城県つくば市にある創業30周年のオートキャンプ場です。

きれいでオシャレなBBQ場

またオートキャンプ場だけでなく大規模なBBQ場もあるのが特徴です。機材や食材のレンタルが可能なので、宿泊だけでなくランチタイムだけの利用をすることも可能です。

茨城にめっちゃあるスーパー

都心からのアクセスも良く、つくば市という市街地にあるため大型スーパが近場にあり買い出しには困りません。当日の買い出しは、かすみスーパーを利用しました。

【フォンテーヌの森】ビラコテージの基本情報

ビラコテージの外観

ここからは、フォンテーヌの森のビラコテージについてご紹介をします。まずは敷地面積などの基本情報からです。

ビラコテージの基本情報
  • 広さ:11.5坪(38m2/LDK)
  • ご利用:室内ペット持込不可、室内禁煙
  • ルール:屋外利用午後10時まで、室内家具の持ち出し不可
  • 定員:グループ4人以内、ファミリー大人3人+子供2人以内、大人2人+子供人以内

室内の広さは38m2/LDKなので、4〜5人程度であれば、窮屈することはありません。家族4人で過ごしましたが、十分快適な広さでした。

第2フィールドは施設の端にある

室内マップを見るとわかるのですが、ビラコテージがある場所はフォンテーヌの森の敷地外(第2フィールド)にあります。なので管理棟まで少々距離があります。

ただ、車で移動することは出来る点とチェックイン、アウト以外は管理棟に行くことはないため、そこまで気にはなりません。

貸し切り状態

この第2フィールドには、ビラコテージが1棟とキャンピングカーサイトが3つあります。

私が宿泊した際は冬場ということもあり、キャンピングカーサイトは空いていて、完全に貸し切り状態でした。

2月に宿泊した際の1泊の料金は¥ 22,399

少々高めの料金設定ですが、静かなでプライベート感のあるキャンプを充実の設備で楽しみたいときにオススメのサイト。

※ 夏場のキャンプ場シーズン料対象日+¥ 5000

注意点としてビラコテージは1棟しかないため、予約は早めにした方が良いです。

【フォンテーヌの森】ビラコテージの室内設備と家具/家電

ビラコテージの室内

フォンテーヌの森、ビラコテージの室内設備をご紹介します。ビラコテージの室内はLDKでリビング、ダイニング、キッチンが1部屋にまとまっています。

紹介する室内設備は以下のものです。

ビラコテージの室内設備
  • リビング
  • ベッドルーム
  • ダイニング
  • キッチン
  • 洗面/トイレ/お風呂

リビング

リビング

リビングには以下の設備と家具があります。

リビングの設備/家具
  • テレビ
  • ソファ、椅子
  • リビングテーブル
TVまである

キャンプ場のキャビンにはテレビがないことが多いのですが、ビラコテージではテレビも視聴できます。

室内にはエアコンがあるので、夏場、冬場でも快適に過ごすことができます。

ベットルーム

ベットルーム

ビラコテージで一番特徴のある部分は、こちらのベット部分です。

ベットルームの設備/家具
  • 室内簡易テント、ラグ、ローテーブル
  • ハンモック
  • エアコン
  • 折り畳みマットレスダブルサイズx2枚
  • 寝袋(人数分)
引き出しにマットレスが収納されている

昼間は簡易テントやハンモックを使い、おうちキャンプごっこなどの室内遊びが出来て、夜にはマットレスを敷き、寝室として利用します。

寝袋あり

人数分の寝袋(マミータイプ)があります。

真冬の2月に利用しましたが、エアコンと併用すれば、寒いと感じたことはなかったので、毛布などは持参しなくても大丈夫です。

※まくらはないので、気になる方は持参してください。

かなり広い

マットレスと寝袋を広げるとこのような感じになります。ダブルサイズ×2の広さがあるので、大人2名、子供2名でも余裕のサイズです。

ダイニング

木のダイニング

ダイニング部分です。木のダイニングテーブル、チェアが4席、用意されています。

利用した当日は、晴天だったため、外で食事していたので、こちらのダイニングテーブルを使うことはありませんでした。

雨の日だったり天候の悪い日は利用する機会があると思います。

キッチン

キッチン

キッチンの設備と家電です。

キッチンの設備と家電
  • ガスコンロ
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ、ケトル
  • 調理用具一式

通常の家と同じ設備と家電が用意されています。食器や調理器具といったものは一式揃っています。

ただ室内で使用できる料理器具だけなので、BBQ用の串や網、スキレット、ダッチオーブンといったキャンプ用品はないので、持参する必要があります。

洗面/トイレ/お風呂

ウォシュレットトイレは嬉しい

洗面/トイレ/お風呂の設備です。

洗面/トイレ/お風呂の設備
  • お風呂(シャンプー、ボディソープあり)
  • ドライヤー
  • ウォシュレット付水洗トイレ

室内にウォシュレット機能付きの水洗トイレがあります。素晴らしい。

子供が小さいとトイレに連れて行くのが大変なので、室内にトイレがあると非常に楽で、安心です。

結構広いお風呂

お風呂はシャンプー、ボディソーブがあるのが地味に嬉しいですね。

浴槽の広さもそこそこあるので、足を伸ばさなければ、大人1名、子供1名程度は一緒に入ることができます。

※ 洗面用具とバスタオルはないので、持参する必要があります。

【フォンテーヌの森】ビラコテージの室外設備

屋根付きの専用スペース

フォンテーヌの森の室外設備のご紹介です。ビラコテージには庭スペースがあり、そちらに屋根付きの焚き火スペースがあります。

室外設備
  • ピクニックテーブル4名用
  • 焚き火スペース
テーブル

屋根付きなので風が強かったすると厳しいかもしれませんが、少々の雨程度であれば、焚き火やBBQを楽しむことができます。

石組みの焚き火炉

焚き火スペースです。焚き火台を持ち込まなくても専用のスペースがあるので、焚き火を楽しむことができます。

こちらの焚き火スペースは、網との距離があるので、炭を使ったBBQには不向きです。BBQを予定している方は別途、焚き火台を持参した方が良いです。

また室外照明はなく、かなり夜は暗くなるためランタンなどもあれば持参した方が良いです。

ちなみに私が愛用している焚き火台とランタンはこちらです。

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,500 (2022/03/08 12:04時点 | Amazon調べ)

焚き火用の薪は受付で購入することが可能です。薪は¥700で販売しています。

炭はちょっと割高

受付で炭も販売していますが1kg ¥300と少々割高なので、ホームセンターなどで購入して持ち込んだ方が良いと思います。

【フォンテーヌの森】ビラコテージに持ち込んだほうが良いもの

フォンテーヌの森のビラコテージは設備が充実しているので、極端な話、手ぶらで宿泊しても大きな問題は起きないと思います。

今回、ビラコテージに宿泊してみて必ず必要、あると便利、BBQをするのであれば必須の3種類で持ち込んだ方が良いものを挙げてみましたので、参考にしてください。

必ず必要
  • 食料、飲料水
  • タオル類(バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル)
  • 洗面用具(洗顔、歯ブラシ、ひげ剃り等)
  • 着替え
  • スマホ充電器とケーブル
あると便利
  • まくら
BBQをするのであれば必須
  • 焚き火台、焼き網、炭
  • ランタンなどの携帯照明器具

【フォンテーヌの森】ビラコテージ宿泊体験レビューのまとめ

フォンテーヌの森のビラコテージの宿泊体験レビューをお送りしました。充実の設備で快適なキャンプを存分に楽しむことが出来ました。

宿泊料金は少々高めの設定ですが、プライペート感溢れるキャンプを楽しみたいファミリーにとてもオススメのキャンプサイトです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次